ドクター紹介 | シミやしわ、たるみなど美肌のお悩みを、医療機器と内科的アプローチを組み合わせた治療で改善します。 ロシール・ホリスティック・クリニック青山

Doctor ドクター紹介
ロシール・ホリスティック・クリニック青山 ドクターからのメッセージ

ロシール・ホリスティック・クリニック青山

院長 萩池洋子
Yoko Hagiike, M.D.

東京女子医大卒、岡山大学頭頚部外科助手、徳島大学病院助手、岐阜大学病院医員、JR東海病院医長
米国UCLA血液学/腫瘍学にて研究員、ナショナル・レーザー研究所(アリゾナ)臨床集中コース卒、
アドバンスト・エステティック美容皮膚科(AZ)メディカル・アシスタント
臨床治験管理者認定(UCLA)、レーザー安全基準管理者認定(USA)

ロシール・ホリスティック・クリニック青山は
患者様の本当の美しさと健康を一緒に考えます。
そして、患者様の喜ぶ顔が何よりの喜びです。
一緒に喜べる存在でいたいと願っています。

萩池 洋子

誰しもどこかに悩みを持って生きています。悩んでいても人に話せなかったり、それどころか、どこへ相談に行けばいいのか分からなかったりされている方が多いのではないでしょうか。

私が以前、10年間外国で生活をしていた時がそうでした。
親類も周りにいない生活で、どんな小さなことでも、すぐに相談できる身近な存在があるということで、とても勇気付けられ、心の支えとなりました。
その実体験から「お悩み」に寄り添いながら、患者様(=お客様)と一緒に解決へと向かっていく、そんなクリニックが必要だと感じたことが、当院を誕生させる原動力となっています。

私が海外生活を終え、日本への帰国を決意したのは、その思いを医療として実現するためでした。

病院へ行くことも迷ってしまう。小さな悩みをどこへ相談すればいいのかわからない方へ、私が自分の経験と知識で、寄り添ってさしあげられる存在になりたいと思ったからです。

医療において「木を見て森を見ず」の状態のように、「臓器を診て人を診ず」と批判に値する状態のことがしばしば見受けられます。

「シミ」「しわ」「たるみ」など、お客様の単体のコンプレックスを診ながらも、実はその根本にある、内面的なバランスやストレスコントロールなど、その方特有の複合的なコンプレックスの原因を見極め、多面的からアプローチすることが大切だと考えています。

それこそが、お客様が本当に願っている「健康できれいな若い肌でいたい」を実現し、「内面から整えられた真の美しさ」へ到達する最短距離と考えています。

老化と関係するホルモン状態のチェックも、肌治療と同時に進めていく必要性があります。
医療の組み合わせとして「カスタマイズ治療」を行うことや、内科的治療など、それらを美のプロとして、当院では美へのチーム医療を行います。
お客様へ寄り添いながら、チーム一丸となりご一緒に最適な方法を探し出したいと願っているからです。

この美へのチーム医療は、世界的には既に行われています。

美と健康は、継続されるケアによって、1年後の自分、5年後の自分を作り上げます。
当院は、 「真の美」のホームドクターとして、お客様一人ひとりの異なる肌に合わせた、あなただけに向き合ったケアを、統合的に提案させて頂きます。

当院は、お客様の喜ぶ顔が何よりの喜びです。
そして、一緒に喜べる存在でいたいと願っています。

「メディカル・スキン・ブティック青山」として開院してから、皆様には日頃よりご愛顧をいただき心より御礼申し上げます。
私どもは、2016年1月より、当院の名称を変更いたしました。
この度、現在の美容領域を拡充するべく、医療における世界標準をより深く導入し、結果を追求したサービスをご提供することを目的にクリニック名称を「ロシール・ホリスティック・クリニック青山」に変更する運びとなりました。
より一層、海外とのコネクションを強くし、ホリスティック性を高め、再出発をいたします。
これからも末永く皆様にご支援賜りますようお願い申し上げます。

  • シミ治療
  • コンセプト
  • 施術メニュー
  • 料金
  • よくあるご質問
  • メディア紹介
  • イベント情報